体を襲う痛みの原因は神経からくるものかそうでないか

いろいろな体を襲う痛みに悩まされている人は多いと思います。

その痛みの原因が何か、はっきりわかる場合と全然原因の検討もつかない場合とあります。

例えば大きな怪我をして、その怪我の傷は治ったのに痛みだけが残る場合もあります。

また、大きな病気をしてその病気がきっかけに長く痛みが続くなどの場合もあります。

神経に障害があり、その神経の障害が痛みの原因になっている場合もあるようです。

このような神経の痛みからくる病気のことを神経障害性疼痛といいます。

本当にその痛みの原因は神経から来ているのか。

もっと別のところに痛みの原因があるのではないか。

素人がそれを見分けることは難しいと思います。

痛みが気になるとき、またあまりの痛みから生活もままならなくなってしまう場合はまず、

その痛みの原因がなんであるか確かめるためにも、医者にかかることをお勧めします。

◆関連サイト》http://www.shinjuku-mental.com/stresscare.html